FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 拝啓 水前寺清子様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://fujishoten.blog109.fc2.com/tb.php/141-3456b8c6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 富士商店の回覧板

Home > スポンサー広告 > 拝啓 水前寺清子様

Home > 文具 > 拝啓 水前寺清子様

拝啓 水前寺清子様

皆様こんにちは。

またまたうっかり前回の更新から一月経過する所でしたが

いかがお過ごしでしょう?

つい先だって、つくしの子が恥ずかしげに顔を出します

っと宣言した後

春一番が吹き荒れたと思ったら一転

本日の岡山は冬に逆戻り

大変寒うございます。

一歩進んで二歩下がる。

水前寺清子ちょっと間違えてしまったようです。





さてことさらこのブログで改めて言うまでもなく

昨日は震災より一年。

僕たち当事者以外の様々な輩がタクトを振り回し

あーだこーだ言う事が

実は一番の被害を生んでいるという事がわかった一年でもありました。

私ども富士商店は無力ではありますが

この先も「見る」という事だけ肝に銘じて

日本に住まう同胞として

暮らして行きたいと思う所存であります。


という事で本日も岡山は出石町

鶴見橋の袂、富士の帳場より

回覧板。

そして本日の一曲目は

My favorite groupのこの曲から














さて、皆様。

本日はあまりに体たらくなブログ内容により※避難が集中して炎上寸前の当ブログ。(※フィクションです)

原点に?戻りまして

本日はまじめに商品など紹介いたしたいと思います。


春は曙。


だからどうした?


いやいや、春はいろんな物がめまぐるしく変わる季節でもあります。

入学、就職、転勤、高飛び、亡命、などなど、

一年で一番人間が移動する季節でもあります。

それに伴い

あなたの筆箱の中身や鞄の中のノートや日記帳などの文具類も

転勤で財布の中に入ったおびただしいキャバクラの名刺と共に

慌ただしく変化して行く季節でもあろうかと

勝手に思っているのです。


そう。
春は文具の季節でもあります。



春は文房具。



だからどうした?




という事で下らない前置きはこれ暗い煮しまして。




まずはこちらの一品。

満を持しての、新作であります。

日本が世界に誇る超一流ノートメーカーでもあり
岡山が世界に誇る超一流土産富士ヴィンセントも制作していらっしゃる。

◯ライフ社新作。フリーダイアリーA6 ¥1470
1.jpg

いやー、美しい。

クラシカルかつモダン。

マットでいてコケティッシュ。

ソフィスティケイトかつ艶やかで

セクシー&部長。


表紙の素材がまたよろしい。

昔はちょくちょくお見受けした、このなんと言うんでしょうか。

ビニールのハードカバーですが手触りはすこしざらつきのある

でも決してチープシックではございません。

一見するとアルカンタラかヌバックのような

の、上には箔押しのロゴ

このキャバレーの楽屋の片隅のちゃぶ台にマネージャーが置き忘れたような

そんな風格を漂わせる。


2.jpg


本文はオレンジ色の罫線を使用。

言わずもがな、インクはじきを起こさない水性罫線

そして紙質は言うまでもなく極上。

書き味はスムース&ストレスレス(ストレスとレスね)

どんなペンの挑戦でも負け知らず。

もちろんインクのにじみや裏写りもなく朝まで安心です。

3.jpg

一日一ページで一日一膳、もとい一善で一年分対応。

ピッチは9ミリ14行とゆったりとラルゴに。

筆の流れはアンダンテ。

ところで聞きますアンタダレ。




お色はボトルグリーンとエンジの二色。

この春

あなたも富士でこちらを速やかにレジまで持参頂き

レジの鐘が鳴りましたら

軽やかにこちらを小脇に抱えて頂き

各々「私」の特集を編集なんぞしてみれば

新しい自分の発見に繋がるかもしれませんし、

繋がらないかもしれません。

どちらにしても、何かの扉を開く事には変わりありません。

ダイアリーをお探しの皆様。

新しい自分を発見したいあなた。

古い自分を埋めてしまいたいあなた。

この春こちらの逸品も

通勤通学鞄の

開幕投手に如何かな?






ということで本日はもう一品紹介予定でしたが

閉店の時間を迎えてしまいましたので本日はこの辺りで。

近々、また更新予定ですので

果報は寝て待って頂きたく存じ上げ奉り候。





さて、ではお別れはこちらをご覧頂きながら

本日の富士アートセレクション
量子力学を基にしたマクロとミクロのスクロール。






人間のちっぽけさを痛感頂いたら

三歩進んで二歩下がる。

水前寺清子の法則で

迫り来る学業に仕事、家事に洗濯、花粉に受粉、朝のメール処理に夜の営業電話等など

負ける事無く進んで参りましょう。



ではまた


失敬




















スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://fujishoten.blog109.fc2.com/tb.php/141-3456b8c6
Listed below are links to weblogs that reference
拝啓 水前寺清子様 from 富士商店の回覧板

Home > 文具 > 拝啓 水前寺清子様

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。