Home > スポンサー広告 > 突撃!少女にまつわるエトセトラ展!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

クロノス URL 2011-12-22 (木) 01:21

この度の企画展に参加させて頂く事が決まってから今日まで、
独りよがりの沸点状態で実生活は雲の上で周囲に心配をかけているクロノス店主です。
お誘い頂き、本当にありがとうございます。
当戯言でご紹介しようと思いましたが、云う事なしのご紹介文で勝手にリンクさせて頂きました。
ご了承下さい。
但し、やはり、褒めすぎないで下さ~い。歩けません。お恥ずかしい…。

23日のベリーサンキュウな喫茶室が楽しみです。

富士商店 URL 2011-12-22 (木) 12:14

こちらこそいつもお世話になっております!今回の催事もクロノスさんあってこそこれだけの事ができました!
決して褒め過ぎではないですよ。日本の生活、文化の貴重な遺産、資料でもあるとおもっています。

この度は本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します!

喫茶、時間あったら是非珈琲飲みにきてくださいね!(残念ながらお酒はありません(笑))

カオル URL 2011-12-23 (金) 15:27

富士子ちゃんのリポート、すごく面白いわ!
アンティークのバッグ、ハガキ、おもちゃ、もちろん“少女のおやつ”!etc・・・いろいろ買っちゃったわ!
なんだかこちらまで言葉使いが富士子ちゃんになっちゃうわね(笑)

店主さんからちゃーんとギャラ、いただかなきゃだめよ!

富士商店 URL 2011-12-23 (金) 22:20

あ~ら、かおるさん!今日はとっても残念だったわ。富士子お待ちしてましたのに。
いつも富士をご贔屓に、ありがとうございます!

聞いてくださる、かおるさん!やっぱりあいつギャラピンハネしてたわ!今度こそきっとぎゃふんといわせてやるわ!
また是非お母様と一緒にいらして。その時はお話聞いてくださいましね。

ではごめんあそばせ~!

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://fujishoten.blog109.fc2.com/tb.php/133-fd310ff6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 富士商店の回覧板

Home > スポンサー広告 > 突撃!少女にまつわるエトセトラ展!

Home > 富士商店 > 突撃!少女にまつわるエトセトラ展!

突撃!少女にまつわるエトセトラ展!

皆様こんにちは。

寒波でございます。

かといってこたつで丸くなってる場合ではありません。

さて先日もお伝えした通り本日は

少女展の模様をリポート致します。



では本日も岡山は出石町

富士の帳場より

回覧板。


それではリポーターの富士子ちゃんどうぞ!
ミュージックスタート






















「乙女でも お腹は鳴るの 四時限目・・・。うーん、切ないわ・・。」

「あら、もしかして出番かしら。は、はーい!」








「全国6500万の少女の皆様。初めまして。私富士商店モデル事務所
『ア・ラ・モード・デ・オリンピア・フジ』所属。現在女学校に通いな
がらそこで主席モデルを務めております富士富士子、と申します。」

「年齢は十七歳。ちっちゃな頃から悪ガキで十五で不良と呼ばれたけど、
今はもうララバイしてるの。趣味は詩を書く事とお裁縫と読書。このワ
ンピースもそうなの。あと、音楽を鑑賞することかしら。ショピンって
言うの?彼好きだわ私。それから..大福を食べるのも好きよ。もちろ
ん豆。あと、ハムカツとおしるこも。お料理も得意よ。ライスカレーな
んてみんなに好評よ。みんなは沸騰したお湯に入れるでしょう?でも私
はちがうの。最初から鍋のお水が冷たいうちにパウチを入れて沸騰させ
るの。コクが違うのよ、そうすると。料理は一手間が肝心なの。いいお
嫁さんになれるわ、きっと。それとわたしも女学校に通うようになって
珈琲をよく飲むわ。最近はどこでも気軽に頂けるから。珈琲はいいわね。
私好きよ、ほろ苦くって。恋の味と似てるわ。えっ?好きな銘柄?
うーん、そうねえ・・。ボスもいいけど、やっぱりジョージアかしら。」


DSC_0582.jpg
「あら、私ちょっとしゃべりすぎたかしら・・。自己紹介はこれぐらいにして。それでは
皆様お待たせ致しました。現在富士商店で開催中の『少女にまつわるエトセトラ展』のリ
ポートを私、富士子のエスコートでお届けするわ」




「まずは店内入ってすぐ右の場所。いきなりの大御所よ。彼は数々の少女を虜にしてきたの。」
「そう、みなさんご存知。日本が世界に、いえ、郷土岡山が世界に誇る超一流の少女キラー。」

「夢二殿のコーナーよ!」
「私も描いてもらいたかったわ。でも彼ったらシャイでイケズだから・・。
きっと照れてらしたんだわ。そう、そうに決まってる。」

「封筒に便せん、クリアファイルにポストカード。現代少女の必須アイテム
のマスキングテープ。淑女の身だしなみに手鏡や風呂敷。嗚呼、どれもすてきだわ。」
DSC_0574.jpg



「続いて、富士の畳敷きのコーナーを見てみましょ。」
「まず手前にレビューさんからの少女アイテム。ヴィンテージの帯とバッグ。とてもモダーンね」
DSC_0579.jpg




「そして見て!いつも私が腰掛けて女将とぺちゃくちゃおしゃべり、店主にダメ出しを
する畳敷きの場所。少女展の期間中は絨毯がひかれてこんなに素敵になってるの!」

「最上稲荷の参道にだって負けてないんだから!」
DSC_0564.jpg

DSC_0565.jpg

「少女がときめくデッドストックの玩具の数々。全部当時の物なの。昭和初期
の紙箱や紙ものもあるの。あー、もうとってもくすぐったい。え?だって、少
女心をくすぐられるんですもの。これでくすぐられないって言うなら少女失格
よ。少女Aじゃないわ。少女Bよ。B作よ!でも少女Cならいいわ。だってC.girl
ですもの。そう、噂のC.girl」




「あ、みてみて、こっちにも。髪留めピン。ミニクラッチのアクセサリー
や乙女のボックス。素敵な髪のアレンジだって少女の必修科目なんだから。」
DSC_0566.jpg

「こんなとこにネコちゃんも!」
DSC_0581.jpg





「次はこちらを紹介するわね。」
DSC_0561.jpg

「今回の催事で富士商店別注を作って頂いた、ニット工房『ho.ho.u*』の
ニット作家でもあり、とっても素敵なレディでもいらっしゃる坂東明子さ
んと富士商店のコラボニット小物達よ。見てモダンガールよ!ミトンも帽
子も椿があしらってあるの!なんて素敵なのかしら!」
DSC_0563.jpg

「ほら、こっちにはニットで出来た襟も。もちろんリボンはベルベットよ。
私が持ってる丸襟の外套にあわせたらどれだけかわいいでしょう。他にも
ケープやベレー帽も。当たり前じゃない、もちろん全てハンドニットよ。
決めたわ!私もこの素敵な小物達を身に纏って銀座のパーラーに行くわ。
そしてええ、私はプリンアラモードを食べるの。ええそうよきっと行くわ。
あら違うわ、戸越銀座じゃないわよ!もう!失礼しちゃう!」
DSC_0562.jpg








「嗚呼、たくさんありすぎて目移りしちゃう!どうしようかしら。
いえ、迷ってなんかいられないわ。私には今日の任務があるの。モ
ダンな女性は社会的に自立してるものよ!お茶汲みなんて失敬だわ!
さあ、レポートをつづけるんだから。次はこっちよ!」
DSC_0588.jpg

「こちらはよく富士商店にも来てくださるとっても素敵なレディの方に作って頂いた
アクセサリー小物の数々なの。リボンにコサージュ、ビーズのブローチやレース編み
で出来たブレスレットなんかもあるの。ファッションにはさりげないアクセントが重
要なの。素敵な年の重ね方をされて私もいつもお手本にしてるのよ。とっても素敵な
レディなんだから!」





「そして次はアンティークのコーナーよ。これはね、同じ出石町の大先輩でもあり
長年アンティークや骨董を扱われてる、岡山が世界に誇る超一流アンティークショ
ップ『クロノス』さんのコーナー。今回の少女展の為に全てセレクトして頂いた、
珠玉のコレクション。もう本当に素晴らしいわ。夢の世界よ。私のお友達もたくさん
並んでいるわ。多くの説明なんかいらないの。百聞は一見にしかずって言うでしょ。
これを見なきゃ来年は迎えられないわよ!旦那様を質に入れてでも見に来るべきだわ!
あなた、正真正銘のモダンガールになりたくなくって?」
DSC_0559.jpg
「とっても素敵なポーズ人形達に、あの中原淳一先生が手がけた少女の教科書『それいゆ』。
もう、それいゆなんて文部省の指定教科書にするべきだわ!少女はこれだけ見ておけばいい
のよ。私は人生の教科書にしてるくらいよ。全く頭の固い事務方の殿方達は本当にセンスの
ない役立たずなんだから!」



DSC_0584.jpg
「まあ、かわいい。お年賀にしおり。しおりだってこだわらなくっちゃ、少女なら。
全て昭和初期のものなの。」


DSC_0585.jpg
「説明不要ね。私が欲しいくらいだわ。嗚呼、神様!」


DSC_0586.jpg

DSC_0587.jpg
「こちらの鏡台にはアンティークの小物達。」


DSC_0589.jpg
「ああ、素晴らしいお人形達!ルネ先生の作品はもう売約済みになっちゃってるみたいだわ」



DSC_0583.jpg
「お茶ですって?結構よ、私たち忙しいの。ペロのお散歩に行くんだから!
ごめんあそばせ。」


「他にも店内のあちこちにクロノスさんのアンティークがちりばめられてる
のよ。全部少女を魅了するものばかりだから注意深く店内を見渡してみて!」





「じゃ、ちょっとこの辺りで一息、珈琲ブレイクでもしようかしら」

ポチッとね♥






「珈琲の友にはなにかおやつがいるわね。あ!そうよ!こんな時こそ。
うふふ、素敵な少女のおやつを紹介するわね。」

DSC_0572.jpg
「ついに登場よ!富士商店がデザート業界に一石を投じる問題作!
嗚呼、とっても美しい。富士商店監修、その名も『アンゼリカの
クッキー』と『バラのパウンドケーキ』!!」

「どう?素敵でしょ?まるで宝石見たいなクッキー!味はとっても
素朴なのよ。お下げのセーラー服。そうね、それにモンペよ。そん
な隠れた原石みたいなクッキーなの」


「そしてこちらが『バラのパウンドケーキ』。」
DSC_0573.jpg
「バラなのよ。やっぱりバラだわ。とっても高貴なパウンドケーキ
のお出ましよ。パウンドケーキってね、小麦粉、バター、砂糖、卵
をそれぞれ1ポンドづつ使って作ることからその名がついたのよ。
今そのレシピ通り作ってるパウンドケーキはほとんどないけど、富
士のバラケーキはそのレシピに忠実に作っているの。バラの中には
これまた少女の瞳のようなのようなアンゼリカが内包されているの
よ。こんな素敵なケーキ見た事あって?あなた。白馬に乗って迎え
にきたつもりなんでしょうけどこれを食べないでスイーツ王子だな
んてちゃんちゃらおかいわよ。」







「ああ、おいしかった。素敵な午後の昼下がり。今日の昼はデミカツ丼
に中華そばダブルだったけどやっぱり甘い物は別腹ね。じゃあラストス
パートいってみようかしら!」





「お待たせしたわね。ついにこちらも登場よ。待望の富士商店オリジナル
シリーズよ。まずはこれを見て。お客様からも大変ご好評頂いてるフジヴ
ィンセントノート。その新色がついに出たわ」
DSC_0571.jpg

「今回のお色は高貴な白にゴールドの箔押しよ!いままであった
黒にゴールドもシックでいいのだけど、これはとっても厳かだわ。
なんていうのかしら。神社の鳥居をくぐった瞬間みたいな。剣道
のお稽古で蹲踞して一礼するような。こんなノオトを鞄からスッ
と出されたならもう私、メロメロだわ。殿方は鏡の前で髪をいじ
くる暇があったら、まずこのノートを買いに行くべきよ。無造作
が素敵なんだから。そう、無造作紳士よ。クリスマスまであと少
し。がんばんなさい!」




「そして次が大本命のこちらよ!この少女展でワールドプレミアさ
れた富士少女シリーズの最新作なんだから!少女の為に降臨した美
しき四姉妹。その名も!」
DSC_0575.jpg

「富士活版謹製。少女の為のポストカード『4FORGIRLS』よ!。
四姉妹が繰り広げる笑いあり悲しみありの物語の情景を切り取っ
たワンシーン。嗚呼、少女とはなんとかくも清楚でほろ苦く切な
いんでしょう。その少女を表現するために、白く優しい肌触りの
ハーフエアコットンの紙に昔ながらの活版印刷を用いて丁寧に印
刷されているの。プレスの圧力にまでこだわって、活版印刷にに
ありがちな過度の凸凹しすぎな印刷ではなく、出来るだけ往事の、
活版が普通の印刷物として流通し常用で使われていた頃のままの
雰囲気を目指して作られているのよ。」


DSC_0568.jpg
「私も意中の殿方には絶対にこれで詩を送るわ。実はね、今日も
このレポートの前にもう考えていたのよ。考えていたらあのうる
さい店主が急かしちゃうから。ああいう人の事デリカシーがないっ
て言うのよ、きっと。でもね、考えてもみて?その人だけにしか使
わない、その人専用のハガキなんてとっても素敵じゃない。ロマン
チックよ。切なさが、フー!止まらない、だわ。馬鹿な女と思われ
たって平気よ。それが武子女ってもんよ。女が一度誓ったらそう簡
単に想いを変えてはいけないの。さあ、また続きを考えなきゃ。」

DSC_0570.jpg
「四枚それぞれに、少女の想いが綴られているわ」


DSC_0569.jpg
「宛名面も抜かりなしよ。もちろんこちらも全て活版刷。左のメッセージ
欄にあなたの想いをぶつけるの。いい?躊躇っちゃだめよ。検討を、あ、
ごめんなさい、健闘を祈ってるわ。これみて我慢できないって貴女。富士
の店頭でとくとご覧くださいましね!」







「あー、これでとりあえず今日の任務は終わったわ。皆様、どうだったかしら?
もちろん全部をここで伝えきるなんて無理だけど、ちょっとは伝わったかしら。
でもね、いくら画面で見たってだめよ。実際自分の眼で確認して、体験しなきゃ
だめよ。25日迄開催予定だから、みんなも急いで!!」



「あと今週末の23日には富士商店が喫茶室になるのよ。少女の為の本棚も設置
して、うだつのあがらないマスターが珈琲を淹れてくれるんだって。それはちょ
っとノーサンキューって感じかもしれないけど。でもね、少女のおやつと本と珈
琲。素敵な師走。クリスマス前のプレリュードにはぴったりだわ。もちろん私も
お待ち申し上げてるから。皆さん、ぜひ富士商店へいらしてね!」





「さ、じゃあ、私もこれで終了よ。とっとと帰る用意しなきゃ。あ、今日のギャラ
どうなってるかしら。富士の店主ケチだからきっちり契約書通り支払わせなきゃ。
夢子と百貨店に行く約束もあるし。そのあとレビューを鑑賞して..ディナーはも
んじゃ、と。ああ、近代の少女は忙しいわ!」








「富士子~、お待たせ~。」
DSC_0578.jpg


「あら、もう来ちゃったわ。なんかあの子今日派手ね。どうしちゃったのかしら。
あ、私も化粧がこんなに崩れちゃって。でも急がなきゃ。ま、タクシーで
直せばいいわね、あ、夢子ー!タクシー!そこの円タク捕まえといて~!」








「では皆様、今日はこれにて、ごめんあそばせ♥」

モガな富士子のエンディングテーマ














では本日はこれにて


失敬。

スポンサーサイト

Comments:4

クロノス URL 2011-12-22 (木) 01:21

この度の企画展に参加させて頂く事が決まってから今日まで、
独りよがりの沸点状態で実生活は雲の上で周囲に心配をかけているクロノス店主です。
お誘い頂き、本当にありがとうございます。
当戯言でご紹介しようと思いましたが、云う事なしのご紹介文で勝手にリンクさせて頂きました。
ご了承下さい。
但し、やはり、褒めすぎないで下さ~い。歩けません。お恥ずかしい…。

23日のベリーサンキュウな喫茶室が楽しみです。

富士商店 URL 2011-12-22 (木) 12:14

こちらこそいつもお世話になっております!今回の催事もクロノスさんあってこそこれだけの事ができました!
決して褒め過ぎではないですよ。日本の生活、文化の貴重な遺産、資料でもあるとおもっています。

この度は本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します!

喫茶、時間あったら是非珈琲飲みにきてくださいね!(残念ながらお酒はありません(笑))

カオル URL 2011-12-23 (金) 15:27

富士子ちゃんのリポート、すごく面白いわ!
アンティークのバッグ、ハガキ、おもちゃ、もちろん“少女のおやつ”!etc・・・いろいろ買っちゃったわ!
なんだかこちらまで言葉使いが富士子ちゃんになっちゃうわね(笑)

店主さんからちゃーんとギャラ、いただかなきゃだめよ!

富士商店 URL 2011-12-23 (金) 22:20

あ~ら、かおるさん!今日はとっても残念だったわ。富士子お待ちしてましたのに。
いつも富士をご贔屓に、ありがとうございます!

聞いてくださる、かおるさん!やっぱりあいつギャラピンハネしてたわ!今度こそきっとぎゃふんといわせてやるわ!
また是非お母様と一緒にいらして。その時はお話聞いてくださいましね。

ではごめんあそばせ~!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://fujishoten.blog109.fc2.com/tb.php/133-fd310ff6
Listed below are links to weblogs that reference
突撃!少女にまつわるエトセトラ展! from 富士商店の回覧板

Home > 富士商店 > 突撃!少女にまつわるエトセトラ展!

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。